武蔵野デジタル出版 牛田肇

吉祥寺の出版社の社長です。普通の人の出版をサポートしています。編集者や若手イラストレーターと共に想いが伝わる本を作ってみませんか。

記事一覧(14)

撮影前、指1本で変わる。女性が素敵に写る写真撮影のコツ

作者と読者の一体感

牛田です。私は、公募小説に挑戦し落選しました。そんな私でも、執筆は「自分との語らい」だなとあらためて感じているところです。そこには孤独な一面もあります。自分の殻を破れず、自分と語り切れなかったりすると、文が生まれなかったりします。書いてもしっくりこないのです。紙をくしゃくしゃっとして、また考える。「ひょっとして答えが出ないのでは」とさえ感じました。自分を見つめるのは大変な作業かもしれません。そんな時に、相談できる人が近くにいたら、気分転換になる語らいができたら、気が楽になったかもしれないと思います。また、私は集中力が続かず、受験時代はよく図書館の自習室に通っていました。一人だと心が移り気になってしまうのですが、逆に、周りが何かに取り組んでいると、感化されて、集中力が続きます。文を作ったり、本を書く場合でも、気持ちや集中力の維持に似たようなところがあるのではないでしょうか?一人で突き詰めるのも大事ですし、外に出て気を緩めるのも大事。両方必要なのです。作家のように温泉宿で連泊してなんてできませんが、近場で「本が好きな人」「本や文を書きたい人」などが集まって、意見交換をしたり、執筆もできる自習室のような「場」があれば、もっと創造的に文が生まれるのではと思ったりするのです。そこで、文・本を書きたい・応援したい人が集まって、思い思いに過ごす会を考えてみました。例えば、コミュニティの中で「この本の読書会しよう」「今書いている原稿のレビュー会してほしい」「作ったチラシの感想が聞きたい」と声掛けがあれば、「どれどれ」とそこにいる人たちでワイワイする。自由な空間。そのようなコミュニティで、気持ちやリズムの軌道修正をしたり、互いに刺激し合ったりできると、レベルアップにもつながっていくのではないでしょうか。私が、公募小説で得たことは、反省会での、参加者からの勇気ある厳しい言葉の数々でした。痛かったけど、「次に本を書くときは、次もこの人たちからコメントをもらいたい」と素直に思えました。その時、出版社とお客様の関係から、一緒に本を作る関係になれたと感じました。その感触は、決して忘れることはありません。そういった作者と読者の一体感が生まれる瞬間をリアルに感じられる「場」であったら、ちょっとエキサイティングかもしれません。その瞬間を目指して「書かん会」を企画いたしました。